犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  ウェルシュ・コーギー・カーディガン

ウェルシュ・コーギー・カーディガン


ウェルシュ・コーギー・カーディガン
Dot(ドット)
by BMCDパパ
ウェルシュ・コーギー
むさし
by チビ太
ウェルシュ.コーギー
ララ
by natu

ウェルシュ・コーギー
うらら
by grifin
コーギー・カーディガン
アンナ
by レオ

愛犬写真投稿 もっと見る!
ウェルシュ・コーギー・カーディガンのデータ
体高 30cm
体重 11〜17kg
価格 18〜25万円
原産国 イギリス
分類 AKC ハーディング
JKC 第1グループ
ウェルシュ・コーギー・カーディガンのグラフ

ウェルシュ・コーギー・カーディガンのルーツ

ウェルシュ・コーギー・カーディガンは、ウェルシュ・コーギー・ペンブローグよりも古い歴史を持っています。紀元前1200年頃にケルト人と共に中央ヨーロッパから、イギリスのウェールズ地方に渡ってきて、カーディガン地方に住みついたことから、この名がつけられました。コーギーとはケルト語で「小型の犬」という意味です。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンは牧畜犬として、家畜を移動させるのに活躍しました。牛のかかとに咬み付き、方向転換をさせ、牛が反撃に出ても低い体高で上手にかわしていました。牧畜犬としての需要が少なくなると、一時期は絶滅の危機に瀕しました。

1933年、イギリスの王ジョージ6世が宮廷で飼ったことから人気が高まり、現在でもイギリスを中心に非常に高い人気を集めています。ウェルシュ・コーギー・カーディガンとペンブローグはよくしっぽの長さと耳の丸さが違いますが、別犬種と認定されたのは1934年のことです。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの外見

ウェルシュ・コーギー・カーディガンは骨格がしっかりしていて、頑丈な体型をしています。体長が長く、足が短いです。ペンブローグと非常によく似ていて、違いは地面につくほど長いしっぽと、先端が丸みを帯びた耳です。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの被毛・毛色

ウェルシュ・コーギー・カーディガンは、中くらいの長さの硬い被毛が密生していて、毛色はレッド、セーブル、ブラック&タンなど、さまざまな毛色があります。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの性格

ウェルシュ・コーギー・カーディガンは陽気で活発で、しつけもしやすいといえるでしょう。縄張り意識が強いので、見知らぬ人が入ってくると吠えることもあり、番犬として有能です。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの飼育・手入れ

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの手入れは、ブラシやコームを使ったブラッシングを行います。換毛期には入念にブラッシングをして、死毛を取り除いてあげましょう。シャンプーは必要に応じて行います。トリミングはほとんど必要としません。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの散歩・健康管理

ウェルシュ・コーギー・カーディガンは活発で遊びが好きです。1日2回各30分程度の散歩に連れて行ってあげましょう。安全な広場で自由に遊ばせるのもいいでしょう。

体高が低いので、夏場の熱い地面には注意が必要で、涼しい時間帯を選んで出かけましょう。また胴長なので、肥満になると椎間板ヘルニアなどの重大な病気になることがあり、エサの与えすぎや運動不足に気をつけましょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム