犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク


ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ
ロッキー
by クワトロマリーナ
ウェスティー
チョコ
by チョコ
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ゴースケ
by 雪男

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ゴースケ
by 雪男
ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ
ミルク
by purine
ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ
える
by える大好き


愛犬写真投稿 もっと見る!
ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのデータ
体高 25.4〜30.5cm
体重 オス 10〜12kg
メス 10〜11kg
価格 13〜25万円
原産国 イギリス
分類 AKC ハーディング
JKC 第1グループ
ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのグラフ

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのルーツ

ウェルシュ・コーギーは、もともと牧畜犬として、牧場の牛の群れをコントロールしていて、自分の家の牛を守ったり、他家の牛を追い払ったりする役目を果たしていました。牛のかかとに噛み付き、方向転換をさせていたコーギーは、牛の足元をうまく駆け回るのに適した、短い足と長い胴体を持っています。

ウェルシュ・コーギーには、ペンブロークとカーディガンの2種類があります。見た目も非常によく似ていますが、別犬種とされています。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのルーツは1100年頃までさかのぼり、フラマン人の織物職人がウェールズのペンブロークシャー地方に移住する際に連れてきたと言われていますが、当時はヴァイキング(海賊)が活躍していた時代でもあるので、もともとスウェーデンにいたコーギーが、海賊とともにウェールズに移動してその地に残ったとも言われています。

古くはヘンリー2世の愛犬として可愛がられ、牧畜犬としての需要が少なくなった現在でもイギリスの王室で愛され続けていて、広く世界中でその愛嬌のある体型や友好的な性格から人気を集めています。コーギーの愛称で親しまれていますが、コーギーとは、ケルト語で「小型犬」という意味です。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの外見

ウェルシュ・コーギーは、胴長で短い足が最大の特徴です。牧畜犬というだけあって、たくましい体つきで、動きも機敏で活発です。ウェルシュ・コーギーにはペンブロークとカーディガンの2種類がいて、見た目も非常によく似ていますが、しっぽと耳に違いがあります。しっぽが長いカーディガンに対して、ペンブロークはしっぽがありません。もししっぽを持って生まれてきても断尾されてしまいます。またペンブロークの耳先はやや丸みを帯びています。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの被毛・毛色

ウェルシュ・コーギーは、中くらいの長さのやや硬めの被毛が密生していて、毛色はレッド、セーブル、フォーン、ブラック・タンなどの単色で、脚、前胸、口元、頭部などが白くなっているものもあります。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格

ウェルシュ・コーギーは牧畜犬出身なので、判断能力に優れていて頭もいいので、初心者でも訓練しやすい犬種といえるでしょう。温厚で友好的で、多少の縄張り意識はあるものの、子供に対しても攻撃的になるようなことはありません。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼育・手入れ

ウェルシュ・コーギーのやや硬い被毛は、まっすぐに伸びているので毛玉になりにくく、ピンブラシなどでブラッシングして、コームで整える程度で問題ありません。ただダブルコートなので、換毛期には抜け毛がかなり多くなるので、入念にブラッシングしてあげましょう。カットとしては、足の毛が伸びてきたら、カットしてあげる程度で大丈夫です。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの散歩・健康管理

ウェルシュ・コーギーはもともと牧畜犬として膨大なエネルギーを消費していたので、食欲が旺盛です。しかし、現代の日本で同じようにエネルギーを消費させることは難しく、コーギーは肥満になりやすいです。コーギーのように胴長短足の体系の場合、肥満は椎間板ヘルニアなどの疾患の要因になり、ひどくなると下半身麻痺に至ってしまいます。

毎日30分程度走らせるなどして、充分に運動させてやると同時に、食事の与えすぎにも注意し、肥満防止用のドッグフードを選んであげるようにしましょう。ただし急激な運動や、高いところから飛び降りたりすると、背中を傷めてしまうので注意しましょう。

また寒さにはある程度耐えられますが、足が短い分、真夏の地面の熱をまともに受けてしまうので、暑い時期は早朝か夕方、夜に散歩させるようにしましょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム