犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  スタンダード・ダックスフンド

スタンダード・ダックスフンド


スタンダードダックスフンド
ティー
by maimmy

愛犬写真投稿 もっと見る!
スタンダード・ダックスフンドのデータ
体高 オス 23〜27cm
メス 21〜24cm
体重 9〜12kg
価格 10〜25万円
原産国 ドイツ
分類 AKC ハウンド
JKC 第4グループ
スタンダード・ダックスフンドのグラフ

スタンダード・ダックスフンドのルーツ

ダックスフンドの「フンド(hund)」とは、「ハウンド」と同じ意味で、家庭犬として絶大な人気を得ているダックスフンドも、もともとは狩猟犬として活躍していました。ダックスフンドの「ダックス(dachs)」とは、ドイツ語で穴熊という意味で、この穴熊の狩りに使われていたのが、ダックスフンドということになります。

穴熊は夜行性で、夜は農作物を食い荒らし、昼間は自分で掘った穴の中に住んでいます。中世のヨーロッパでは、穴熊の穴を探し当て、その穴に入り込んで穴熊を追い出す役割を、ダックスフンドが担っていました。足が短く、胴が長いそのスタイルが穴に入り込むのにピッタリで、体格のわりに大きい吠え声も狩りに適していたといえます。

そして、穴熊よりも小さなウサギやテンなどの動物を狩るために、小さく改良されたのがミニチュア・ダックスフンドです。ヨーロッパではさらに小さなカニンヘン・ダックスフンドという種類も開発されています。

スタンダード・ダックスフンドの外見

ダックスフンドには、そのサイズによって、大きい順にスタンダード・ダックスフンド、ミニチュア・ダックスフンド、カニンヘン・ダックスフンドと3つの種類があり、さらに毛質にも、光沢のある短毛が皮膚に密着して生えている最もスタンダードなスムースヘアー。シルクのようなやわらかい長毛のロングヘアー。ざらざらとしたかたい剛毛のワイヤーヘアーの3つのタイプがあります。

いずれにしても、胴長短足のスタイルでちょこちょこと歩く姿はとても愛嬌があり、現在JKCに登録されている犬の中では、ミニチュア・ダックスフンドを含めてダントツでNo.1の人気を誇っています。また狩猟犬だけあって体格も引き締まっていて筋肉質です。耳はすべて大きく垂れています。

スタンダード・ダックスフンドの被毛・毛色

ダックスフンドは、スムース、ロング、ワイヤーの3種とも、単色、2色、斑などいろいろな毛色があります。単色の場合は、レッド、レディッシュイエロー、イエローなど。2色の場合はチョコレート・タン、ブラック・タンなど、そのバリエーションは様々です。

スタンダード・ダックスフンドの性格

ダックスフンドは基本的に愛情が深く、友好的で、かつ遊び好き。狩猟犬らしく活発で、動きも機敏です。適度な落ち着きと警戒心があるので、家庭での番犬としても適しています。毛質のタイプによっても性格が多少違い、スムースヘアーは人なつっこく、ロングヘアーは温厚、ワイヤーヘアーはやや気が強いです。外見と合わせて、魅力的な性格も、人気の要因になっています。

スタンダード・ダックスフンドの飼育・手入れ

短毛の場合は獣毛ブラシで、長毛の場合はピンブラシやスリッカーブラシでこまめにブラッシングして、毛玉や毛のもつれを取り除いてあげましょう。シャンプーも必要に応じて行い、しっかり乾かして、あまり寒くならないようにしてあげましょう。

スタンダード・ダックスフンドの散歩・健康管理

ダックスフンドは思ったよりスタミナがあるので、散歩は早足で30分程度の散歩を1日2回して、ある程度運動させてあげるといいでしょう。ただその体型のおかげで、背中や足などの疾患にかかることがあります。特に多いのが椎間板ヘルニアで、ひどくなると下半身麻痺になってしまうこともあります。日光浴も兼ねて、1日2回ほど屋外で運動させてあげると、背中に適度に筋肉がついて、ヘルニアの予防になります。

またダックスフンドが足や背中を痛める原因として、肥満があげられます。食事や間食を与えすぎると、体重を支えきれなくなり、椎間板ヘルニアを発症します。肥満は、湿疹や心臓病、糖尿病などの原因にもなるので、甘やかしすぎないようにすることが大事です。とはいえ神経質になりすぎる必要も無く、適度な食事と適度な運動で、普通に育ててあげるようにしましょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム