犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  セント・バーナード

セント・バーナード


セントバーナード
ルノア
by 北斗星
セントバーナード
リズラ
by hilo
セントバーナード
BOSS
by 小梅

セントバーナード
ケビン
by KOJI
センシバーナード
ルノア
by 北斗星
セントバーナード
ルノア
by 北斗星


愛犬写真投稿 もっと見る!
セント・バーナードのデータ
体高 オス 70〜90cm
メス 65〜80cm
体重 50〜91kg
価格 15〜25万円
原産国 スイス
分類 AKC ワーキング
JKC 第2グループ
セント・バーナードのグラフ

セント・バーナードのルーツ

セントバーナードは、チベットのマスティフが祖先とされています。アルプスの山中に建てられたサン・ベルナールという僧院で飼われていて、そこで遭難者を多数助けていたといわれ、後にこの様子が絵画などで記録に残され、有名になり、サン・ベルナール僧院の英語読みからセント・バーナードと名づけられました。

セント・バーナードといえば「バリー」という名前の犬が有名ですが、この犬もたくさんの遭難者を助けたといわれています。狼に間違えられて射殺されてしまったといわれるバリーによって、セント・バーナードは広く知られるようになりました。

セント・バーナードは近縁同士の交配を避けるために、ニューファンドランドとの交配が行われ、毛が長いものも生まれましたが、凍った毛が身体に密着することから、雪山には適していませんでした。

見かけとは裏腹に、非常に温和で穏やかなので、家庭犬として世界中で人気を集めていますが、体格にふさわしい飼育スペースが必要で、高温多湿の日本にはあまり合わないともいえます。

セント・バーナードの外見

セント・バーナードは、成人男性以上の体重を持っていて、最も体重の重い犬種として知られ、骨太でがっしりとした体格に大きな頭部を持っています。中くらいの大きさの耳は、垂れていて、ノドの下がたるんでいる表情は、優しさに溢れています。

セント・バーナードの被毛・毛色

セント・バーナードは、ショートヘアードとロングヘアードのものがあり、ロングのものは、首のまわりの毛が多く、肢やしっぽに飾り毛があります。ショートのものはまっすぐの硬めの毛が密生していて、同じく肢やしっぽに飾り毛があります。

毛色はホワイトにブラウンや赤の斑か、もしくはブラウンや赤に白い斑があります。

セント・バーナードの性格

セント・バーナードは温和で穏やかな甘えん坊です。とても人なつっこく、子犬の頃からしっかりとしつけていれば、他の犬や子供といっしょでも安心です。頭も賢いので、しつけの飲み込みもいいです。

セント・バーナードの飼育・手入れ

セント・バーナードには、コームとブラシを使った毎日の手入れと、目のまわりや耳の手入れが必要です。また定期的にシャンプーしましょう。子犬の頃から手入れに慣れさせておくといいでしょう。

セント・バーナードの散歩・健康管理

セント・バーナードは、体格の通り、かなりの運動量が必要で、1日2回、最低でも1時間程度の散歩を行うようにしましょう。大型犬に多い股関節形成不全や、エサの与えすぎによる肥満にも注意します。

犬のブログパーツ トリマーズコラム