犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  アイリッシュ・セター

アイリッシュ・セター


アイリッシュ・セター (♀)
バーディ
by Is-Win
アイリッシュセター
クレア
by バンバンバカンス
アイリッシュセター
ムサシ
by むぅくんねぇね


愛犬写真投稿 もっと見る!
アイリッシュ・セターのデータ
体高 オス 67cm前後
メス 62cm前後
体重 オス 32kg
メス 27kg
価格 15〜25万円
原産国 アイルランド
分類 AKC スポーティング
JKC 第7グループ
アイリッシュ・セターのグラフ

アイリッシュ・セターのルーツ

アイリッシュ・セターは、猟の際に、獲物を見つけるとフセの姿勢をしてハンターに知らせていて、その姿勢をセットということから、セターと名づけられました。

アイリッシュ・セターは鳥猟には欠かせない犬で、鳥猟犬としては最も大きい犬種です。獲物を見つけると、猟師が来るまで、じっと相手が動けない距離を保っていたといわれていて、驚異的なスタミナを持っています。

アイルランドに渡ったスマニエル種が、イングリッシュ・セターやゴードン・セターなどと交配して生まれたとされていて、その従順で温和な性格から、家庭犬としても広く飼われています。

アイリッシュ・セターの外見

アイリッシュ・セターの骨格は骨太でかっしりとしていて、全体的にバランスが良く、走る姿はとても優雅で、気品があります。レッドなどの美しい毛色も特徴的で、耳は垂れています。

アイリッシュ・セターの被毛・毛色

アイリッシュ・セターは、耳や肢などに豊かな絹糸状の飾り毛があり、つやのある美しい被毛に覆われています。毛色はレッドや赤褐色、マホガニーレッドなどがあります。

アイリッシュ・セターの性格

アイリッシュ・セターは、やんちゃで陽気な甘えん坊です。大きくなっても子犬らしい性格がぬけず、7歳を過ぎたあたりからようやく落ち着きが出てきます。とはいえ、頭は賢く、飼い主に対してとても従順で、攻撃的になることもほとんどありません。ただしコミュニケーションが不足すると、飼い主として見てくれなくなることもあります。勇敢で怖いもの知らずな一面もあります。

アイリッシュ・セターの飼育・手入れ

アイリッシュ・セターの豊かで長い飾り毛は、毎日しっかりとコームやブラシでとかして、毛のもつれを取り除いてあげるようにしましょう。美しい外観を保つのであれば、専門のトリマーにお願いするといいでしょう。

アイリッシュ・セターの散歩・健康管理

アイリッシュ・セターは大型犬らしく多くの運動量が必要なので、1日2回1時間程度の散歩に連れて行って上げましょう。また猟犬としての気質の名残から、散歩中に猫や鳥を見つけると、反応して飛び出すこともあるので、子犬の頃からしっかりとコントロールできるようにしておきましょう。野原など緑があるところで運動をさせてあげると、気分転換にもなります。アレルギー性の皮膚疾患などに注意しましょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム