犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  グレート・ピレニーズ

グレート・ピレニーズ


グレートピレニーズ
ラッシュ
by s1

愛犬写真投稿 もっと見る!
グレート・ピレニーズのデータ
体高 オス 70〜80cm
メス 65〜75cm
体重 オス 45〜57kg
メス 39〜52kg
価格 12〜25万円
原産国 フランス(ピレネー山脈)
分類 AKC ワーキング
JKC 第2グループ
グレート・ピレニーズのグラフ

グレート・ピレニーズのルーツ

グレート・ピレニーズは、古代チベットのマスティフ犬が祖先で、その歴史はとても古く、紀元前100年頃、ローマ人によってスペインに連れてこられ、スペインとフランスの国境にまたがるピレネー山脈一体で、家畜を守る護羊犬として活躍していました。そのためピレニアン・マウンテン・ドッグとも呼ばれます。

グレート・ピレニーズは牧羊犬として非常に優れた能力を持っていて、1000頭の羊を数頭のグレート・ピレニーズで移動させたり、冬の過酷な環境下で狼や熊から家畜を守ったりしていて、グレート・ピレニーズ1頭は人間2人に値するとまで言われていました。

グレート・ピレニーズは、15世紀頃にはフランスの城館で警備犬として飼われたり、ルイ14世の宮廷でも飼われ、白く優雅なスタイルが貴族たちの間で人気を集めました。その後、護羊犬としての任務が少なくなってくると、数も減っていき、一時は絶滅の危機にも陥りましたが、20世紀になって世界に広く知られるようになり、ヨーロッパやアメリカ、日本でも一時期ブームを巻き起こしました。

グレート・ピレニーズの外見

グレート・ピレニーズは、大きく堂々としていて、とても存在感があり、大型犬らしい大型犬です。がっしりとしていて、筋肉質な体型ですが、優雅さも持ち合わせています。大きな身体を支える足は骨太でしっかりしています。耳は三角形で垂れています。

グレート・ピレニーズの被毛・毛色

グレート・ピレニーズの被毛は、ふわふわの厚く長い上毛に、柔らかい下毛が密生しているダブルコートで、垂れたしっぽには豊富な飾り毛が生えています。毛色は、ホワイトで、グレー、イエロー、ウルフ、オレンジなどの斑が頭部、耳、しっぽの付け根あたりにあったり、胴体に斑があるものもいます。

グレート・ピレニーズの性格

昔は護羊犬として攻撃的だったグレート・ピレニーズも今では温厚で我慢強く改良され、自信に溢れています。飼い主に対しても忠実で、状況判断に優れていて、普段は冷静に観察していて、いざというときは飼い主や財産を守るために果敢に行動します。ただ適切な訓練が必要で、それをしないとやや攻撃的になることもあります。

グレート・ピレニーズの飼育・手入れ

グレート・ピレニーズの白く長い被毛は、厚いので毎日のしっかりとしたブラッシングが欠かせません。毛玉や死毛を取り除くためにも、コームやピンブラシなどでとかしてあげましょう。これを怠ると、ノミなどの害虫によって皮膚疾患になってしまいます。また大き目の耳も定期的に掃除してあげて、清潔を保つようにしましょう。

グレート・ピレニーズの散歩・健康管理

グレート・ピレニーズは大型犬なので、それにふさわしいスペースが必要で、飼育環境が良くないとストレスがたまってしまいます。重い体重を支えているので、駆け足はそこまで必要ではありませんが、足腰を強くするために散歩や自由運動を1日1時間程度を2回行うなどして、筋肉を鍛えるようにしましょう。

体重が重いためか、関節の疾患になりやすいので、激しい運動は避けましょう。山岳地帯で生まれたため、寒さには強いですが、暑さには弱いので、夏場の日中の散歩を避けたり、室内でも涼しいスペースを確保してあげましょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム