犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  グレート・デーン

グレート・デーン


グレートデン
ミルク
by ナイロン
グレートデーン
ダッド
by ダッドダッド

愛犬写真投稿 もっと見る!
グレート・デーンのデータ
体高 オス 80cm以上
メス 72cm以上
体重 オス 54kg
メス 45kg
価格 18〜35万円
原産国 ドイツ
分類 AKC ワーキング
JKC 第2グループ
グレート・デーンのグラフ

グレート・デーンのルーツ

グレート・デーンは、ドイツでイノシシ狩りに使われていた犬と、グレー・ハウンドを交配して生まれたとされていて、祖先はチベタン・マスティフだといわれています。イノシシを退治できる特別な犬として、長い間大切に育成されてきました。

グレート・デーンとは「大きなデンマークの犬」という意味ですが、原産地はドイツです。ドイツでは、国犬として「ドイッチェ・ドッゲ(ドイツのマスティフ)」と呼んでいますが、英語圏ではなかなか定着していません。

グレート・デーンは、猟犬として使われなくなった現在では、その従順で温和な性格から、家庭犬として広く飼われています。グレート・デーンは全犬種の中で最も体高が高いとされ、体高105.4cmもあったグレート・デーンが最も背の高い犬として記録されています。

グレート・デーンの外見

グレート・デーンは体高が非常に高く、立ち上がると人間の身長を超えるほどの巨体です。力強く、品のあるバランスのいい体格をしていて、頭部も存在感があります。しっぽは長く垂れていて、耳も垂れています。

グレート・デーンの被毛・毛色

グレート・デーンの被毛は、非常に短く、滑らかでツヤがあります。毛色はフォーン、ブリンドル、ハールクイン、ブラック、ブルーなどがあります。

グレート・デーンの性格

グレート・デーンは非常に賢く、状況判断能力がすばらしく、冷静で、問題となる行動はほとんどありません。子供や他の犬に対してもとても友好的で、そのサイズ以外は家庭犬として申し分ありません。巨体に似合わず、飼い主には甘えるように寄り添ってきます。子犬の頃からしっかりコミュニケーションをとって、しつけておきましょう。

グレート・デーンの飼育・手入れ

グレート・デーンは短毛なので、手入れは比較的簡単ですが、日常のブラッシングや、汚れが気になった時にタオルで拭くなどの手入れをしましょう。換毛期には特に入念なブラッシングが必要です。超大型犬なので、シャンプーや爪、耳、歯などの手入れは、定期的に専門のトリマーにお願いするといいでしょう。

グレート・デーンの散歩・健康管理

グレート・デーンには、サイズにふさわしい運動量が必要で、1日2回程度、1時間ぐらいの散歩や自転車を使った並走運動などを行いましょう。普段はのんびりおとなしくしているので、毎日の散歩には欠かさず連れて行ってあげましょう。室内に充分なスペースがあれば、室内で飼うほうが向いている犬種です。

グレート・デーンは大きいとはいえ、エサを与えすぎたり、人間の食べ物を与えすぎたりするのは、肥満や健康面からいってあまり好ましくありません。また、大型犬に多い股関節形成不全に注意しましょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム