犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  フラットコーテッド・レトリバー

フラットコーテッド・レトリバー


フラットコーテッドレトリバー
Merlin
by マーリン まま
フラットコーテッドレトリバー
ゆにこ
by くろのすけ
フラットコーテッドレトリバー
Woody
by 銀

フラットコーテッドレトリバー
くろぬ
by くろのすけ
フラットコーテッド・レトリバー
ナナ
by カズオ7
フラットコーテッドレトリバー
ラスティー、ポッツ、ハナ
by らぽく


愛犬写真投稿 もっと見る!
フラットコーテッド・レトリバーのデータ
体高 オス 59〜61.5cm
メス 56.5〜59cm
体重 27〜36kg
価格 18〜25万円
原産国 イギリス
分類 AKC スポーティング
JKC 第8グループ
フラットコーテッド・レトリバーのグラフ

フラットコーテッド・レトリバーのルーツ

フラットコーテッド・レトリバーの祖先を特定することはできませんが、水中での獲物の回収力をアップさせるためにラブラドール・レトリバーやニューファンドランド、セター、コリーなどの交配によって、19世紀はじめに鳥猟犬として誕生したとされています。

フラットコーテッド・レトリバーは当時は番犬として飼われていましたが、嗅覚が優れていたことから、猟犬として用いられるようになりました。特に水中での回収作業には類まれなる能力を発揮します。

被毛の質によってウェービーコーテッドやスムースコーテッド、フラットコーテッドなどと区別され、フラットコーテッド・レトリバーが犬種として固定されました。フラットというのは、被毛が体表にそってフラットに生えていることからきています。

20世紀の初めまで、温和で賢く、優れた運動能力を持つフラットコーテッド・レトリバーはイギリスで人気を集めていましたが、同じような能力を持つゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーの台頭によって、一時は絶滅の危機に瀕しました。

その後、フラットコーテッド・レトリバーは繁殖を重ね、その危機を脱し、現在では作業犬、猟犬としてはもちろん、家庭犬としても広く飼われるようになりました。

フラットコーテッド・レトリバーの外見

フラットコーテッド・レトリバーはやや細身ですが、引き締まった筋肉質でがっちりしています。長めの顔に、大きく垂れた耳。足もしっかりと伸びていて、ふさ毛が生えています。ふさ毛はしっぽにも豊かに生えています。

フラットコーテッド・レトリバーの被毛・毛色

フラットコーテッド・レトリバーはその名の通り、体表に沿うようにフラットに生えています。光沢のある適度な長さの被毛で毛色はブラック、レバーの単色です。

フラットコーテッド・レトリバーの性格

フラットコーテッド・レトリバーは陽気で活発、とても賢く温和で優しい性格をしています。生後2歳になるまでは無邪気で、悪意なくいたずらをしてしまいますが、他のレトリバーと同じように、それを過ぎると急激に落ち着くようになり、子供のいたずらにもめったに怒らず、忍耐力が出てきます。

しつけもしやすく、飼い主や家族にはよくなつくので、室内でも飼えます。また嗅覚や注意力に優れていて、現在でも水陸両方の狩猟で用いられています。

フラットコーテッド・レトリバーの飼育・手入れ

フラットコーテッド・レトリバーのツヤのある滑らかな被毛には毎日のブラッシングが欠かせません。また必要に応じて蒸しタオルか絞ったタオルで拭いてやり、シャンプーも定期的に行いましょう。タオルで水気をとったあとに、ドライヤーでしっかり乾燥させることを忘れずに。大きな耳も清潔を保ってあげるようにしましょう。

フラットコーテッド・レトリバーの散歩・健康管理

フラットコーテッド・レトリバーは運動能力が優れているので、自転車を使って走らせるなど、毎日1時間の散歩や運動を2回ほど行うといいでしょう。広い公園などでいっしょに遊んであげると、いいコミュニケーションになり、より信頼関係が深められます。

フラットコーテッド・レトリバーは水中での運動も得意なので、夏場は水遊びをさせるのもいいですが、真夏の暑い日は、熱中症にならないように陸上での運動は朝か夕方がいいでしょう。健康な犬種ですが、皮膚疾患になることもあるので、毎日触れあって早期発見してあげましょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム