犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  ドーベルマン・ピンシャー

ドーベルマン・ピンシャー


ドーベルマン
TARU
by エルモ
ドーベルマン
スパーク
by ひめちゃん
ドーベルマン
Usher
by momoka

ドーベルマン
Maria
by hirouuta
ドーベルマン・ピンシャー
ブレア−
by 産地直送

愛犬写真投稿 もっと見る!
ドーベルマン・ピンシャーのデータ
体高 オス 68〜72cm
メス 63〜68cm
体重 オス 40〜45kg
メス 32〜35kg
価格 20〜40万円
原産国 ドイツ
分類 AKC ワーキング
JKC 第2グループ
ドーベルマン・ピンシャーのグラフ

ドーベルマン・ピンシャーのルーツ

ドーベルマン・ピンシャーは20世紀になってから作出された新しい犬種で、ドーベルマンと呼ばれています。ドイツでガードマンの仕事をしていたフリードリヒ・ルイス・ドーベルマンという人物が、パートナーとして強い犬を作出しようと、ジャーマン・ピンシャーやロットワイラーなどを交配して誕生し、作出者の名前からドーベルマンと名づけられました。

ドーベルマン・ピンシャーは、優れた嗅覚や、従順で豊富な運動量から、番犬や警察犬として飼われ、第一次世界大戦では、軍用犬として活躍しました。映画やドラマなどで人間に襲いかかる犬として有名になってしまいましたが、実際は凶暴なところはなく、温厚で飼い主に対しては甘えん坊の一面さえ持っていて、家庭犬としての人気も高いです。

ただ、ドーベルマンの長所を引き出すためには、子犬の頃から相応の訓練が必要で、初心者には不向きな犬種といえるでしょう。

ドーベルマン・ピンシャーの外見

ドーベルマン・ピンシャーはまったく無駄のない頑丈でたくましい筋肉質な体型をしています。馬で言うところのサラブレッドのような印象です。前高姿勢でがっちりと優美な姿勢です。

くさび形の尖ったような頭部、しっかりとした口吻、黒色で鋭い目は、ドーベルマンの極めて引き締まった体型に似合っています。耳は断耳した場合は直立していて、していなければ垂れています。

ドーベルマン・ピンシャーの被毛・毛色

ドーベルマン・ピンシャーの被毛は硬い短毛が密生していて、ブラックかブラウン、ブルー、イザベラに、赤褐色のはっきりとした斑があります。斑は口吻、頬、目の上、ノド、前胸、足、しっぽの下などにあります。

ドーベルマン・ピンシャーの性格

ドーベルマン・ピンシャーは見た目とは裏腹に、温厚で好奇心旺盛です。飼い主にも忠実で賢く、しつけの飲み込みも早いので、愛情を注いでしっかりトレーニングすれば、すばらしいパートナーになります。ただ甘やかしたり、運動や正しい訓練を怠ると、攻撃的な面が出てしまうこともあり、初心者には向いていない犬種です。

ドーベルマン・ピンシャーの飼育・手入れ

ドーベルマン・ピンシャーの光沢のある硬い短毛は、運動後に獣毛ブラシなどでブラッシングをする程度でOKで、汚れが気になった時など、必要に応じて、絞ったタオルで拭いてあげましょう。換毛期には、ブラッシングと同時に死毛を取り除いてあげるようにしましょう。

ドーベルマン・ピンシャーの散歩・健康管理

ドーベルマン・ピンシャーはかなりの運動量なので、1日2回、1時間以上の運動や自転車を使った駆け足を行いましょう。これ自体がひとつの服従訓練にもなるので、主導権をしっかり持つようにしましょう。股関節の疾患や皮膚疾患などに注意しましょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム