犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  ブルドッグ

ブルドッグ


ぶるどっぐ
はんぞう
by ぱぴぷぺぽ
ブルドッグ
ミナミちゃんの子供達
by パパさん
ブルドック
ラブ
by アンナ

ブルドック
どん
by ナンシー
ブルドック
はな
by burns
ブルドッグ
ボス
by アキ


愛犬写真投稿 もっと見る!
ブルドッグのデータ
体高 31〜36cm
体重 オス 25kg
メス 23kg
価格 20〜50万円
原産国 イギリス
分類 AKC ノン・スポーティング
JKC 第2グループ
ブルドッグのグラフ

ブルドッグのルーツ

ブルドッグは、本来は雄牛と闘うために作出された闘犬です。ブルとは雄牛のことで、ブルドッグという名前もそこから来ています。12世紀後半〜13世紀前半まで、イギリスのウィリアム・ワーレン伯が雄牛と闘わせる競技に出して人気を集めて以来、闘牛犬として改良されてきました。

この競技は庶民の娯楽として人気があり、ブルドッグはひたすら獰猛で闘いに勝つための改良が重ねられてきました。牛に噛み付いても呼吸ができるように、ブルドッグの口吻は短く、鼻が上を向いていて、噛み付く力を強くするために下顎が発達しています。

ブルドッグの足が短いのは牛の角による攻撃を避けるためで、前の方に重心があり、後躯が小さいのは、噛み付いた牛に振り回された時の遠心力を小さくするためです。そのおかげでブルドッグは後躯が小さく、出産では難産になることが多いです。体重も重い方が良いとされていて、当時のブルドッグは60kgも体重がありました。

1835年に闘犬が禁止になってから、その好戦的で獰猛な性格と、いかつい顔立ちは行き場を失い、一時は絶滅の危機に瀕していましたが、熱心なブリーダーによって、改良が進んで現在のような小柄で温厚な性格になり、そのいかつい顔とのギャップから、家庭犬として人気を集めるようになり、イギリスの国犬にもなっています。

ブルドッグの外見

ブルドッグは力強くコンパクトな体型で、胴体は短くがっしりしていて、肩幅が広く、足は短いが筋肉質でしっかりしています。頭部がどっしりと存在感があり、顔は短く、口吻は上向きで鼻がつぶれていて、顔のしわの深く、上唇が左右に大きく垂れ下がってます。このようなブルドック独特の表情が最大の特徴といえます。

ローリング・ゲイトと呼ばれる身体を左右に揺らしながら歩く様はとても愛嬌があります。ブルドッグのメスはオスほど大きくなく、筋肉もそこまで発達していません。

ブルドッグの被毛・毛色

ブルドッグの被毛はスムースコートで滑らかな光沢があります。毛質は硬く、毛色はブリンドル、レッド、フォーン、ファローなどの単色か、これらの色とホワイトの組み合わせ、または単色にブラックのマスクと口吻のスマットがあります。

ブルドッグの性格

ブルドッグは、そのいかつい顔からは想像もできないほど非常に温厚で穏やかです。甘えん坊で飼い主のそばにいたがり、いつも誰かのそばで寝ています。いたずらすることもなく、吠えることもほとんどないので、非常に飼いやすい犬種です。子供のいる家でも安心です。いざというときは勇猛果敢なので、番犬にも適しています。

ブルドッグの飼育・手入れ

ブルドッグの短い被毛は手入れが簡単で、獣毛ブラシなどでブラッシングする程度で問題ありません。ただ鼻のまわりのシワに汚れがたまりやすいので、食後などにきれいに拭いてあげ、清潔を保ちましょう。また体温調節が苦手で、汗もかくので、夏場の暑い時期には定期的にシャンプーをしてあげましょう。

ブルドッグの散歩・健康管理

ブルドッグの鼻先はつぶれているので、呼吸が荒く、いびきをかくこともあります。また体温調節が苦手で、暑さと寒さに弱いので、夏場は涼しい場所を確保してあげましょう。散歩の時間帯も夏は朝夕、冬は暖かい日中を選ぶといいでしょう。

ブルドッグはあまり激しい運動を好まないので、気分転換程度の散歩で充分ですが、肥満予防のためにも子犬の時から、少し運動するようにしつけるといいでしょう。あとはそばに置いてやることが大切です。

ブルドッグは目の疾患にかかりやすいので、注意してあげましょう。また後躯が小さいので、出産のときは難産になることが多いです。

犬のブログパーツ トリマーズコラム