犬の種類図鑑

犬と歩けば >  犬の種類図鑑 >  ブリュッセル・グリフォン

ブリュッセル・グリフォン


ブリュッセル・グリフォン
フラン
by 藤井2000
ブリュッセル・グリフォン
JAHE
by 正吉
ブリュッセル・グリフォン
ココ
by わん好き!


愛犬写真投稿 もっと見る!
ブリュッセル・グリフォンのデータ
体高 18〜20cm
体重 3.5〜6kg
価格 20〜30万円
原産国 ベルギー
分類 AKC トイ
JKC 第9グループ
ブリュッセル・グリフォンのグラフ

ブリュッセル・グリフォンのルーツ

ブリュッセル・グリフォンは、ベルギーの土着犬とアーフェン・ピンシャーとの交配によって生まれた犬が祖先とされ、その後、ヨークシャー・テリア、トイ・スパニエルなどのさまざまな犬と交配を重ねられ、さらに当時人気だったパグと交配され、鼻先がつぶれた表情になりました。グリフォンとは「粗い硬い毛」という意味です。

ブリュッセル・グリフォンは、ブリュッセルでは、馬車の御者たちに飼われ、馬の見張りなどをしていました。1800年代後半になると、ベルギー王室でマリー・アンリエネット王妃に愛され、人気が高まりました。英名はグリフォン・ブリュッセルといいます。

被毛のタイプによって、ラフとスムースの2タイプがあります。

ブリュッセル・グリフォンの外見

ブリュッセル・グリフォンは、スクエアなバランスのとれた体型をしています。パグの血をひいていて、鼻先がつぶれています。下あごがやや出ていて、しっぽは断尾されることが多いです。垂れ耳ですが、アメリカでは断耳して立ち耳にすることもあります。

ブリュッセル・グリフォンの被毛・毛色

ブリュッセル・グリフォンは、針金状の長い毛のラフと、短毛のスムースがいます。いずれも長い口ひげがあります。毛色は、レッド、赤茶など赤みがかった色で、頭部にブラックが入ったり、黒一色、もしくはブラック&タンなどの毛色があります。

ブリュッセル・グリフォンの性格

ブリュッセル・グリフォンは、活発で優しく、攻撃的な面や無駄吠えはほとんどありません。ただプライドが高い部分があって、たまに指示を無視することもあります。子犬の頃から根気よくしつけるようにしていきましょう。

ブリュッセル・グリフォンの飼育・手入れ

ブリュッセル・グリフォンの手入れは比較的簡単で、定期的にブラッシングをしたり、絞ったタオルで汚れを落としてあげる程度で問題ありません。

ブリュッセル・グリフォンの散歩・健康管理

ブリュッセル・グリフォンの運動は室内だけでも問題ありませんが、たまに気分転換を兼ねて、10分程度の散歩に連れて行くのもいいでしょう。

鼻先がつぶれているので、激しい運動をすると呼吸が荒くなったり、体内の熱を放出しきれなかったりするので、夏場の暑さには気をつけてあげましょう。口蓋裂になる傾向もあります。

犬のブログパーツ トリマーズコラム