犬の手入れ

犬と歩けば >  犬の手入れ >  犬のシャンプー

犬のシャンプー【月1〜2回】


犬は定期的にシャンプーをしないと、臭くなってきます。皮膚病などの予防も兼ねて、シャンプーしてあげましょう。また自宅でシャンプーできない時は、専門のトリマーにお願いするといいでしょう。

ただしシャンプーは頻繁に行う必要はありません。やりすぎると被毛がパサパサになったり、皮膚が乾燥してしまうので、月に1〜2回程度を目安にしましょう。また子犬は、シャンプーでストレスを感じたり、シャンプー後に冷えて感染症にかかってしまうことがあるので、よほど汚れている時を除いて、生後3〜4ヶ月あたりに最後の予防接種が終わってから2週間後ぐらいに初めてのシャンプーをするといいでしょう。

シャンプーする際に注意することは、シャンプーが目に入らないようにする、お湯が耳になるべく入らないようにすることです。シャンプーが目に入ったときは、すぐにティッシュで拭いて、目薬をさしましょう。また耳にお湯が入ってしまった場合は、コットンで拭くようにします。入らないようにコットンを耳に入れておくのもいいでしょう。

シャンプーに必要なもの
シャンプー液、コットン、タオル、ドライヤー

濡れてもいい服装に着替える

シャンプーする前にブラッシングをする
↓ブラッシングをしないと毛玉がとれず、ノミなどの温床になってしまいます。
38〜40℃ぐらいの少しぬるめのお湯で、足先から濡らしていく
↓シャワーをいきなり勢いよく出すと驚いてしまうので、ゆっくしあまり音が出ないようにします。
徐々に上部を濡らしていく

シャンプー液をつけて、爪をたてずに指の腹でマッサージする
↓シャンプー液は犬用のものを使います。犬の皮膚のタイプによって種類も様々です。
シャンプー液が残らないようにしっかりすすぐ
↓シャンプー液が残っていると皮膚病の原因になります。
タオルで水分をとってから、ドライヤーで充分に乾かす
被毛だけでなく皮膚の表面も充分に乾かすようにします。

犬のブログパーツ トリマーズコラム