犬の手入れ

犬と歩けば >  犬の手入れ >  犬のブラッシング

犬のブラッシング【毎日】


犬には毎日のブラッシングとシャンプー前のブラッシングが欠かせません。ブラッシングを行うことによって、抜け毛やフケを取り除き、被毛が毛玉になることを防ぎ、皮膚病などの予防ができます。また皮膚のマッサージ効果もあり、血行が良くなります。毎日行うことで、ノミやダニを発見したり、皮膚の異常を早期に発見することができます。さらに犬とのコミュニケーションをはかることができます。

シャンプーの前にブラッシングをするのは、毛がもつれている状態で洗うのを防ぎ、シャンプーの時間を短縮できるからです。シャンプー前は特に念入りに行いましょう。

ブラシの種類

被毛の長さや質によって、使うブラシは変わってきます。

スリッカーブラシ
スリッカーブラシはすべての犬種の毛のもつれや毛玉とり、死毛の除去に使われています。特にダブルコートの犬種の換毛期にはおおいに役立ちます。金属製の台にゴムのクッションがあり、その上に細い曲がった針金状のピンがついています。ピンは錆びにくいステンレス製のものがいいでしょう。

ピンブラシ
ピンブラシは主に長毛の犬種に使われ、被毛のもつれや、死毛、ほこり、フケを除去します。ゴムクッションの上に鉄、真鍮、ステンレスなどのピンを植え込んだブラシ形です。軽くてブラッシングしていても疲れないもの、錆びにくいステンレス製を選ぶといいでしょう。

獣毛ブラシ
獣毛ブラシは猪毛、豚毛などでできていて、短毛犬種の死毛を取り去るのに使い、マッサージ効果に優れています。またつやを出したい時にも向いています。

ラバーブラシ
ラバーブラシはゴム状のピンで、短毛犬種の死毛の除去に使い、マッサージ効果もあります。丈夫で長持ちします。皮膚にも優しいので、初心者の人や、ブラッシングに慣れていない犬にいいでしょう。

ラバーグローブ
ラバーブラシを手袋状に加工したもので、剛毛犬種や短毛犬種の死毛の除去に向いていて、マッサージ効果にも優れています。

コーム
コームはブラッシングの仕上げに使うクシで、主に長毛犬種に使い、目が粗いものと細いものがあります。

※使用例

長毛犬種 スリッカーブラシ、ピンブラシ、コーム
短毛犬種 スリッカーブラシ、獣毛ブラシ
超短毛犬種 獣毛ブラシ、ラバーブラシ

ブラッシングのコツ

ソフトとハードを使い分ける
スリッカーブラシなどにはピンの硬いハードのものと、柔らかいソフトのものがあります。日常の手入れの場合はソフトを使い、毛がもつれていたり、毛玉になっていたりする時はハードを使うなど、うまく使い分けます。

毛の根元から
ブラッシングは一気にやろうとすると、上辺だけをなぞることになり、毛の根元の方のもつれが取れません。特に長毛犬種の場合は、毛を持ち上げて、部分部分しっかり根元からブラッシングしてあげるようにしましょう。

皮膚を傷つけない
スリッカーブラシなどは皮膚にあたると、皮膚を傷つける場合があるので、必要以上に力を入れないようにします。スリッカーブラシは鉛筆を持つような持ち方をすると、余分な力が入りません。

強引にやらない
毛玉や毛のもつれをとろうと、ひっかかっても強引に力を入れると、犬はとても痛いです。ひっかかったらその部分を持って、ひっぱらないように優しくブラッシングしていきましょう。もしそれでも取れないようであれば、専門のトリマーにお願いして、場合によってはカットしてもらってもいいでしょう。

二人でやっても良い
最初のうちは犬も飼い主も慣れていないので、もうひとりに手伝ってもらい、犬を押さえてもらったり、ごほうびをあげたりしてもらってもいいでしょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム