犬の手入れ

犬と歩けば >  犬の手入れ >  犬の耳の手入れ

犬の耳の手入れ【月1〜2回】


犬には耳の手入れは、臭いがある時、汚れている時など必要に応じて行います。特に耳が大きく、垂れている犬種は、外耳炎などの病気にもなりやすいので、定期的に手入れしてあげましょう。

自分の手を清潔に洗ってから、片手で犬の耳をおさえて、もう片方の手にガーゼや脱脂綿などを持って、内側から外側に向かってやさしく拭いてあげます。耳の細かくひだになっている部分は、綿棒を使って軽く拭きます。ただし、綿棒をあまり奥に入れすぎると、鼓膜が傷ついてしまったり、汚れを内部に運んでしまったりすることもあるので、注意しましょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム