犬の手入れ

犬と歩けば >  犬の手入れ >  犬の歯の手入れ

犬の歯の手入れ【毎日】


犬は唾液の性質やphから、人間のように虫歯にはなりにくいですが、そのかわり歯周病や歯肉炎になりやすいので、歯磨きをする必要があります。

マズルコントロールや、唇を持ち上げる練習ができたら、犬を膝の上に乗せるか、抱え込むようにして、唇を持ち上げて、ガーゼかやわらかい綿棒などで、前歯を拭きます。初めての日はこの程度に留めておいてもいいでしょう。次の日には横の歯や奥歯を拭きます。

最初の時期は、歯を清潔にすることよりも、まずは歯磨きに慣れさせることに徹しましょう。慣れさえすれば抵抗なく歯磨きができます。慣れてきたら口を開けさせて、歯ブラシを使って、同じように抱え込んで歯を磨きます。歯ブラシは犬専用のものでも、サイズさえ合っていれば人間のものでも問題ありません。

歯垢は歯磨きやガーゼで拭き取ることで、ある程度とれますが、固まって歯石になってしまうと、家で取り除くことは難しいので、獣医にお願いするといいでしょう。歯の表面が硬く茶色くなっていたら、それは歯石です。

犬のブログパーツ トリマーズコラム