犬のしつけ

犬と歩けば >  犬のしつけ >  犬のフセ

犬のフセ


おすわりができるようになったら、次はフセです。おすわりと同じように、これも単なる芸ではなく、飼い主に従うための立派なしつけです。

少量のドッグフードかおやつを持つ

アイコンタクトをして、おすわりさせる

食べ物を子犬の鼻先からゆっくり子犬の前方、下の方へ持っていく

子犬がつられてフセの姿勢になったら、すかさず「フセ」と声をかける

すぐに子犬にその食べ物を与えて、やさしく誉める

胸を床につけるフセの体勢を犬に強制せずに、犬が自発的にその体勢になることが大事です。フセがしやすいように食べ物を動かし、フセの体勢になるまで与えないようにしましょう。もし犬が手で食べ物をとろうとしたら、あなたの後ろに持って行って隠します。

声をかけるタイミングも、おすわり同様、フセの姿勢になってから「フセ」と声をかけます。タイミングが早すぎると、犬はどれがフセなのかわかりません。毎日繰り返し練習することで、犬は「フセ」という言葉と、動作を結びつけて覚えるようになります。

犬のブログパーツ トリマーズコラム