犬のしつけ

犬と歩けば >  犬のしつけ >  犬のおすわり

犬のおすわり


犬のしつけとして基本中の基本なのが、おすわりです。これは単なる芸ではなく、飼い主の指示に従う、飼い主とコミュニケーションがとれるようになるといった、しつけの意味合いがあります。おすわりなどを練習する前に、アイコンタクトマズルコントロールを毎日続けて、基礎となる信頼関係を作っておくようにしましょう。

少量のドッグフードかおやつを持つ

食べ物を子犬の頭の上から後ろの方へ動かす

子犬がお尻を床につけたら、すがさず「おすわり」と声をかける

すぐに子犬にその食べ物を与えて、やさしく誉める

食べ物を動かして、犬が自発的におすわりの体勢になるようにすることがポイントです。強制的におすわりをさせられるのではなく、犬が自分でとった行動はすぐに覚えます。

また、犬がおすわりの体勢になってから「おすわり」と声をかけるようにします。おすわりをする前に声をかけても、どの体勢がおすわりなのか、犬は認識できません。

おすわりの姿勢になるまで、食べ物を与えないようにして、もし犬が手でそれを取ろうとしたら、あなたの後ろに持って行って隠しましょう。毎日何回も繰り返すことで、犬は「おすわり」という言葉と、動作を結びつけて覚えることができます。ごほうびをもらえて、誉めてもらえることで、犬は楽しく練習します。

犬のブログパーツ トリマーズコラム