犬の体重管理

犬と歩けば >  犬の体重管理 >  犬の肥満度チェック

犬の肥満度チェック


犬の肥満チェック方法

犬の肥満をチェックする方法として、体重を量る以外に、BCSという方法があります。犬の身体を実際に触ってみて、体型や肉付きからその肥満度を5段階で評価する方法で、ボディー・コンディション・スコアの略です。

BCSはもともと、乳牛の発育具合を確認するために使われていましたが、最近では犬の肥満度チェックにも使われるようになりました。定期的に体重を量って、さらに実際に身体をなでてみて、BCSもチェックするようにすれば、肥満対策は完璧でしょう。

犬のボディー・コンディション・スコア

犬のボディー・コンディション・スコアのポイントは肋骨です。真上と横から見てみて、さらになでてみて、あなたの犬が5段階でどこに当てはまるかチェックしてみましょう。

BCS1 やせすぎ 体脂肪がとても少なく、肋骨や腰の骨格がはっきりと浮き出ていている。触ると簡単に骨がわかる。上から見ると腰のくびれがはっきりしていて、砂時計のような体型になっている。横から見ると、ウエスト部分のひだが非常に深い。
体脂肪率5%以下
BCS2 やせている 肋骨が少し浮き出ていて、なでてみると骨がわかる。上から見ると腰にくびれがあり、横から見たウエストも細くなっている。
体脂肪率5〜15%
BCS3 理想体重 肋骨が脂肪で薄い皮下脂肪で覆われていて、なでると骨がわかる。上から見た腰のくびれはゆるやかで、なでてみると骨がわかる。横から見るとウエストがゆるやかに細くなっている。
体脂肪率15〜25%
BCS4 太っている 厚い皮下脂肪で覆われていて、見た目では肋骨がわからず、少し強めになでると骨がわかる。上から見ると、かろうじてくびれがある。横から見たウエストはかなりゆるやかで、引き締まっていない。
体脂肪率25〜35%
BCS5 太りすぎ 非常に厚い皮下脂肪で覆われていて、見た目で肋骨がわからないのはおろか、触っても骨が分からない。上から見ても腰のくびれがなく、寸胴で、横から見るとお腹が張り出していて、垂れ下がっている。
体脂肪率35%以上

犬のブログパーツ トリマーズコラム