犬の病気と健康

犬と歩けば >  犬の病気と健康 >  犬の皮膚の病気

犬の皮膚の病気


犬は飼育環境が悪いと、皮膚疾患にかかりやすいです。ノミやダニなどの寄生虫によるアレルギー性のものや、ハウスダスト、食べ物、花粉などのアレルギー、陰部、内股などの皮膚のただれなど、その種類は様々ですが、まずは毎日のブラッシングと、定期的なシャンプーをちゃんと行ってあげましょう。臭くなるほど手入れを怠るのは、飼い主として失格です。

皮膚が臭い 皮膚炎、脂漏症、膿皮症、手入れの怠り
身体を痒がる カイセン症、ツメダニ症、ノミアレルギー、アレルギー性皮膚炎、膿皮症
皮膚が赤い 膿皮症、アレルギー、低温火傷
異常な抜け毛 ホルモン異常、栄養不良、ストレス、膿皮症、真菌症、毛包虫症
異常なフケ カイセン症、真菌症、栄養不良、不適切な手入れ・シャンプー

犬のブログパーツ トリマーズコラム