犬の病気と健康

犬と歩けば >  犬の病気と健康 >  犬の目の病気

犬の目の病気


犬の目やにが多かったり、涙が溢れていたりするのは、犬が目の病気になっている可能性が高いです。目の周り被毛の色が変わっているのも、目に疾患があることが原因です。速やかに獣医に診てもらうようにしましょう。

シーズーやパグ、ペキニーズなどの目が大きく飛び出している犬種は、眼球が傷つきやすく、角膜炎などの眼疾患になりやすいので、注意しましょう。またすべての犬において、生まれつき視力が弱かったり、失明していることもあるので、ボールを投げたり、懐中電灯の光を追わせるなどしてチェックします。

目やにが多い 結膜炎、角膜炎、眼瞼炎、アレルギー、内臓疾患、寄生虫
涙が溢れる 涙管狭窄、異物混入、煙などの刺激、瞼の外反・内反、逆さまつ毛
目の色の異常 眼球が白っぽく濁る…角膜炎、白内障
結膜が黄色がかる…肝臓疾患
結膜が赤味がかる…結膜炎、アレルギー
目を気にする
結膜炎、角膜炎、緑内障、異物混入、アレルギー

犬のブログパーツ トリマーズコラム