犬の病気と健康

犬と歩けば >  犬の病気と健康 >  犬の発情出血と避妊

犬の発情出血と避妊


犬の発情出血

メス犬は生後6〜12ヶ月あたりで最初の発情期を迎えます。大型犬など、12〜24ヶ月あたりに来る場合もあります。発情期が近くなると、排尿の回数が増え、陰部が腫れてきて、2〜3週間の間、出血します。人間の生理とは違い、出血のあとに排卵があるので、出血から2週間前後が最も子供ができやすい時期になります。

最初の発情出血は不安定で、一度出血が止まってもまたすぐに出血することもあります。あまり出血期間が長いようであれば獣医に相談しましょう。発情出血は4〜6ヶ月程度の周期で訪れます。

犬の偽妊娠

発情出血のあとに、本当は妊娠していないのに妊娠しているように錯覚する偽妊娠、いわゆる想像妊娠をすることが多くあります。お腹が膨らんできたり、乳腺が張ったり、おもちゃなどを子供に見立てて守ろうとします。これはホルモンの分泌によって起こるもので、たいていの場合は自然に解消されますが、発情出血のたびに起こるようであれば、避妊手術を考えたほうがいいでしょう。

犬の避妊手術

犬に子供を産ませたい、避妊手術を受けさせるのはかわいそうだと思う人も多いと思います。しかし、犬は複数の子犬を産みます。そのすべての子犬たちの飼い主を見つけることができるでしょうか。飼い主に渡すまで、すべての子犬をしつけたり、育てたりしていくことができるでしょうか。

純血種の場合、たいていの犬種には遺伝的な疾患があり、場合によっては奇形の子犬が生まれてくることもあります。その子犬たちを最後まで責任を持って介護していく覚悟はあるでしょうか。母犬が健康でない場合は、母犬の身体にかなりの負担をかけることにもなります。

また、メス犬の多くは中高齢になると、子宮蓄膿症や乳腺症など、場合によっては命に関わる重大な病気になります。これらの病気を未然に防ぐためには避妊手術を行うことが一番です。

これらすべてについて覚悟があるのであれば、避妊手術をしないというのもいいでしょう。ただ、無差別に妊娠させるのは良くありません。メス犬が発情出血をすると、そのにおいにつられてオス犬が集まってきます。この時期はオス犬とのむやみな接触は避けましょう。また、最初の発情出血の時期は、まだ身体が充分に成長しておらず、この時期の妊娠出産は人間と同じで危険です。できるだけ3回目以降の発情出血の際に交配させるようにしましょう。

またオス犬に関しても、中高齢になると前立腺肥大や肛門周囲腺腫などの病気になることも多く、犬の健康を第一に考えるのであれば、去勢手術を受けさせる必要があります。

犬のブログパーツ トリマーズコラム