犬の食事

犬と歩けば >  犬の食事 >  ドッグフードの選び方

ドッグフードの選び方


ドライフードとウェットフードとスナック

犬のドッグフードには、ドライフード、ウェットフード(缶詰)、ジャーキーなどのスナックがあります。一般的な傾向として、ドライフードが最も栄養バランスがよく、硬さもあるので犬の歯や顎が鍛えられ、おすすめです。

ウェットフード(缶詰)は柔らかく、質よりも味によって犬が好むことを重視している傾向にあるので、普段の食事には不向きで、犬の食欲が落ちたときにドライフードに混ぜて食べさせるようにするといいでしょう。

またウェットフードは賞味期限が短いのも特徴で、開封後は密封した容器に移し替え、1日程度以内に使い切るようにします。ちなみにドライフードは開封後1ヶ月以内には使い切るようにしましょう

ジャーキーなどのスナックは、しつけの際のとっておきのご褒美として与えるようにして、日常的に食べさせるのは避けましょう。

総合栄養食と一般食

すべてのドッグフードには、総合栄養食と一般食の2種類があり、これは必ず明記されています。総合栄養食とは定められた主食としての基準を満たしている食事で、一般食はこれを満たしていないということになります。ドッグフードを買うときは、総合栄養食を選ぶようにします。

またアメリカ製のドッグフードには、『AAFCOの基準を満たしています』という記述がありますが、これはアメリカの基準を満たしているということなので、アメリカ製のものを買うときは、この記載があるものを選びます。

原材料と成分表

ドッグフードには必ず原材料や成分表が記載されていますが、アバウトに表示されているものより、細かく表示されているものを選ぶようにします。特にたんぱく質の含有量は、その商品が質を重視したものなのか、味付けや安さを重視したものなのかを量る基準になります。

子犬の場合はたんぱく質27%、成犬は23%、老犬は18%程度を目安にして選ぶといいでしょう。また「代謝エネルギー」「ME」と書かれているのは、その食事から犬が吸収できるカロリーのことなので、自分の犬に必要なカロリーと見合っているかどうかチェックしましょう。

エコノミーブランドとプレミアムブランド

ドッグフードには、広く市場に出回って販売するペットショップを限定しないエコノミーブランドのものと、限られたペットショップでしか販売されていないプレミアムブランドのものがあります。

エコノミーブランドは、量販店などで販売されていて、安さと、犬が好む味付けを重視しているので、品質がそこまで良くない傾向があります。逆にプレミアムブランドは、品質を重視しているので安心ですが、価格が多少高い傾向があります。

正規輸入品と並行輸入品

海外のドッグフードを、正規の代理店が輸入して販売しているのが正規輸入品です。代理店は商品を宣伝するために費用をかけて売り上げを伸ばしますが、人気が出てくると、同じ商品を直接輸入して安く販売する並行輸入品が出てきます。

以前は並行輸入品は日付が古かったり、品質が悪いといわれてきましたが、最近ではそれほど変わらなくなってきているようです。正規の代理店が仕入れた正規輸入品を買うか、同じ商品を安く買える並行輸入品を買うかは、飼い主の考え方次第です。

オメガ脂肪酸

必須脂肪酸には、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸があり、リノール酸とアラキドン酸をオメガ6、リノレン酸をオメガ3といいます。このうちリノール酸は犬の必須脂肪酸なので、オメガ6はたいていのドッグフードに含まれています。

また犬の免疫力を高めるために、リノレン酸、つまりオメガ3もいっしょに摂取すると効果があるということがわかり、最近ではオメガ3を含んだドッグフードも増えています。リノレン酸は皮膚や被毛のつやも良くしてくれます。

ドッグフードには「オメガ3」「オメガ6」「オメガ脂肪酸」という記載があるので、必要に応じて選びましょう。

グルコサミンとコンドロイチン

ドッグフードの進化によって、近年犬の寿命が大きく伸びているといわれています。それに伴って老犬が増え、関節に疾患を抱えた犬も多くなっています。老犬や、関節を痛めやすい運動量の多い犬には、関節を強化してくれるグルコサミン、コンドロイチンが含まれたドッグフードを与えてもいいでしょう。

犬のブログパーツ トリマーズコラム