犬の食事

犬と歩けば >  犬の食事 >  犬に食べさせてはいけないもの

犬に食べさせてはいけないもの


犬に人間の食べ物を与えることがあります。もちろん与えても問題ないものも多いですが、もともと人間と犬が必要とする栄養素の量は違います。人間にとってバランスがいい食事でも、犬には良くないことがあります。

例えば人間はビタミンCを体内で合成できないので、食事からビタミンCを接種する必要がありますが、犬は体内で合成できるので、基本的に摂取する必要はありません。人間は汗によって塩分を排出することができますが、犬は汗をかかないので、塩分の多い人間の食事を与えるのは好ましくありません。

その点、ドッグフードは犬にとってより良い栄養バランスを考えて作られているので安心です。近年、ドッグフードの進化によって、犬の平均寿命が大きく伸びたといわれています。

タマネギ

タマネギは、犬の赤血球に対して毒性を持っています。ひどくなると赤血球が急激に溶け出し、貧血を起こして死に至る場合もあります。タマネギのこの成分は、加熱しても消えないので、絶対に与えないようにしましょう。万が一、口にしてしまった場合は、尿の色に変化があるので、すぐに病院に行って見てもらいましょう。

卵白(生卵)

卵は人間にとって貴重なたんぱく源ですが、生の卵白は犬の皮膚や神経に疾患をもたらすことがあります。卵白を加熱して与えるか、ランプをいっしょに与えれば問題はありませんが、与えないに越したことはないでしょう。

牛乳

人間は平気で牛乳を飲みますし、犬がミルクをペロペロしているシーンもよく見かけますが、犬にとっては完全食品ではなく、下痢の原因になる場合があります。ミルクを与えるのであれば、犬用のミルクにしましょう。

鶏ささみ、赤身

鶏のささみや赤身は犬も好んでよく食べますが、この味を覚えてしまうと、これがないと食事を食べなくなってしまうこともあります。また、過剰に与えると、カルシウムとリンのバランスが崩れることによって、骨に異常が起きるなどの病気の原因にもなります。

その他、食べさせてはいけないもの

えび、かに、くらげ、こんにゃく、しいたけ、豆類、たけのこ、貝類 ネギ類、にら、にんにく、お菓子やケーキ等の甘いもの、鳥の骨、鯛などの骨、香辛料、チョコレート、カフェインの含まれたもの、生の豚肉

置きエサはなるべくしない

食事を残したまま放置しておくのは良くありません。空気中のほこりなどによって腐ったり、カビが生えたりする可能性があるからです。特にウェットフードの場合は注意し、外出などでどうしても置きエサをする時はドライフードにした方がいいでしょう。また、置きエサをすることによって、食べ物に対する執着が薄くなり、食欲が減る場合があります。

犬のブログパーツ トリマーズコラム