犬を飼う前に

犬と歩けば >  犬を飼う前に >  本当に飼える?

本当に飼える?


犬は、古来から人間のパートナーとして生活してきました。犬と人間は互いに考えていることを理解し合い、一生家族としていっしょに過ごす関係を築くことができます。犬がいる生活は、豊かで活気があり、とてもすばらしいものです。

しかし、犬とのすばらしい生活を送るためには、相応の時間や手間、お金がかかります。社会的には飼い主として、犬から見ればリーダーとしての責任が出てきます。

社会に迷惑をかけないようにするために犬をしつけたり、犬の食事や健康をしっかり管理したり。あなたの飼った犬が、思いもよらないトラブルを起こすこともありますし、突然無駄吠えをしたり、攻撃的になることもあります。

たいていの人は、犬を飼う前には、犬が家族の一員として平和に暮らしている生活を想像すると思います。しかし、それを実現するためには、犬に関する正しい知識や、根気強い心、それなりの費用や手間がかかるのです。

犬を飼うための費用

犬を飼うために必要な費用は、犬を購入する費用だけではありません。飼育のためのグッズを揃えるのに2〜4万円。毎月の食費は2000〜8000円程度。シャンプーなどの消耗品で1000〜2000円程度。病気や怪我をした時、犬は人間と違って保険がききません。予防接種や健康診断などで2〜4万円程度。避妊の手術をする場合は2〜4万円など、思ったより費用がかかるものです。

犬を飼うための手間

毎日犬といっしょに散歩や運動をする時間の余裕があるか。しつけを根気強く行えるか。またどのようにしつけをすればいいのか。犬の食事の時間や内容に気を配れるか。尿や便の処理をしたり、ブラッシングしたり、定期的にシャンプーしたり、爪や歯や耳を掃除したり、必要に応じてプロにトリミングを行ったり、犬を飼うには相当な労力が必要です。

犬を飼うための制約

また犬を飼うということは、生活に制約が付きまとうということにもなります。外出や旅行は自由にはできませんし、子犬を飼う場合、しばらくは子犬中心の生活になります。犬の生活のリズムを崩さないために、食事や散歩は決められた時間に行うことが望ましいです。飼い主となる人が、これらの知識や覚悟がないままだと、犬と家族のように暮らしていくのは難しいでしょう。

しかし裏を返せば、正しい知識を学び、愛情と根気を持って接していけば、誰でも犬と楽しく生活することができるということです。ペットショップでかわいい子犬を見かけて、勢いで飼ったものの、なかなか言うことを聞かないと犬に文句を言うのではなく、まず飼い主となるあなたが優秀な飼い主になることが大切なのです。

犬のブログパーツ トリマーズコラム